推進工法の概要


都市を中心とする生活圏には、下水道、水道、ガス、電力、通信等のライフラインがあり、その多くは地中に管きょとして埋設されている。これらの管きょの埋設方法には、地中を筋掘りしてその底面に既製の管を敷設し埋め戻す開削工法と、地表を掘削することなく地中を掘削貫通する非開削工法とがある。

非開削工法には、前方の地山を掘削機で掘進し、セグメントを坑内で組み立て内面を覆工等で仕上げるシールド工法と既製の管を地中に押し込む推進工法がある。

 推進工法は、計画管きょラインの両端に発進立坑と到達立坑を設け、推進設備を備えた発進立坑から油圧ジヤッキにより掘進機を地中に押し出し、掘進機の後続に既製の管を順次継ぎ足し、管列を推進することで掘進機を到達立坑に到達させ、管きょを構築する工法である。

 このように、推進工法は開削工法に比べ路面を掘割ることが少なくなるため、工事占有面積の減少、騒音、振動、粉塵等工事公害の低減、交通や市民生活への影響の抑止等の都市環境対策に優れている。

 推進工法に関する文献によると、19世紀末にアメリカ北太平洋鉄道下でコンクリート管が埋設されている。また、20世紀初頭の第一次世界大戦中にヨーロッパ戦線、日露戦争等で坑道戦に用いられた記録がある。

 日本における推進工法の歴史は、1948年に鉄道軌道下を内径600 の鋳鉄管をさや管として施工したのが始まりである。

 当初の推進工法は特殊工法としてガス、水道、通信ケーブル等のさや管として軌道下や道路の横断布設を対象としていたが、1963年12月の生活環境施設整備緊急措置法の制定による第一次5ケ年計画以降、推進工法も下水道時代を迎える。

 さらに、需要の拡大に伴い、シールド工法等の技術を取り入れて、安全性の高い工法へと発展し、泥水式推進工法や土圧式推進工法といった機械式推進工法が開発されたことにより、ますます技術の進歩を早めることになる。

 そして、社会資本整備の一環である下水道の整備は、大都市から地方中小都市へ、あるいは幹線から準幹線へと移行し、小口径管推進工法を始めとした多くの工法が開発された。現在では、長距離および複合急曲線施工法の確立、資器材等の改良、制御、計測の自動化といった技術を多用し、下水道整備に大きく寄与している。




協会概要 | 事業概要 | 資格試験 | 講座講習会 | 更講習会 | 技術講習会 | HOME