本文へスキップ

発行図購入方法・図書一覧

◆購入について

・図書の購入は、販売サイトからお願いいたします。販売サイトはこちらから→
  ※図書内容は、販売サイトでも確認できます。
   当協会会員の方は、クーポンの利用により半額で購入することができます。クーポンコードは、会員登録の管理者に配布していますので、ご確認ください。
  ※官公庁の方で、見積書・請求書等を希望された方へは、図書とは別に協会本部より発送します。
・官公庁の方で、ネットでの注文が行えない方は、FAX・メールで購入できます、こちらをご確認ください→
  ※官公庁(国および地方公共団体等の機関)の方の送付先は、官公庁のあて先に限らせていただきます。
・送料は、注文数量に関係無く全国無料です。
・申し込みおよび送付先は、日本国内に限らせていただきます。
・注文確定後(入金前)の変更は、ホームページからの変更はできませんので協会まで問合せ願います。
・入金後は、変更は行なえませんのでご注意ください。

◆代金の支払い

・官公庁の方には、送本の際に、請求書、納品書を同封してお送りしますので、商品到着後1か月以内に、指定の口座にお振込み下さい。
・その他の方は、注文後、指定口座へ代金を振り込みください。図書は、入金確認後の発送となります。

◆発行図書一覧

注)『電子データ』ダウンロード型(限定利用データを含む):積算要領等に係る内容を、電子データで提供するものです。詳しくはこちら→
  ご利用に当たっては、送付される『図書』と、当サイトから『電子データ(Excel版)』をダウンロード
  する必要があります。ダウンロード情報については、購入後メールにてご案内いたします。
 ※Excelとは、Microsoft Excelで、マイクロソフト(Microsoft)社の表計算ソフトです。なお、電子データをご利用になるためには、Excelブック(*.xlsx)が動作するバージョンが必要です
 ※絶版図書については、コピーサービスにより提供可能です。ご要望の方は協会までご連絡ねがいます。  
図書
番号
 図  書  名 現行図書
発行年月
 備  考
◆推進工法用設計積算要領
1-1 泥水式推進工法編   〔2013年改訂版〕 2013年5月
1-2 土圧式推進工法編   〔2013年改訂版〕
1-3 泥濃式推進工法編   〔2013年改訂版〕
1-4 超大口径管推進工法編 土圧式推進工法  〔2016年改訂版〕  2016年4月
1-5 小口径管推進工法 高耐荷力管推進工法編  〔2018年改訂版〕  2018年11月  
1-6 小口径管推進工法 低耐荷力管推進工法編  〔2018年改訂版〕  2018年11月
1-7 鋼製管推進工法 鋼製さや管推進工法編  〔2018年改訂版〕   2018年11月  
1-8 発進及び到達編 新設立坑及び既設構造物への接続・利活用    〔2020年改訂版〕  ※旧名称:推進工法用立坑編 2020年9月 書籍+電子データ
ダウンロード型
1-9 鋼製管推進工法 取付管推進工法編  〔2013年改訂版〕  2013年5月
1-10 改築及び管敷設替推進工法編  〔2020年改訂版〕 
 ※旧名称:改築推進工法編
2020年9月 書籍+電子データ
ダウンロード型
1-11 推進工法応用編(長距離・曲線施工)  〔2013年改訂版〕  2013年4月 【絶版】
コピーサービス
◆推進工法体系
2-1 T(推進工法技術編) 〔2019年版〕  2019年5月  
2-2 U(計画設計 施工管理 基礎知識編) 〔2019年版〕   
2-3 V(関連法令 計算事例編) 〔2019年版〕   
◆その他
3-1 ・施工条件明示マニュアル >2003年8月  
3-2 ・総合評価方式マニュアル 2010年8月  
3-3 ・推進工事の安全手引き(CD-ROM付) 2004年4月  
3-4 ・推進工法用技術用語集 2001年3月  
3-5 ・設計変更対応マニュアル 2015年9月  
4-1
・推進工事用機械器具等損料率参考資料
    〔2020年度版〕 
2020年9月 付録:PDFデータ
※ダウンロード
4-2
・推進工事用機械器具等損料参考資料
     (CD-ROM付)    〔2019年度版〕 
2019年6月  
※4-2は、経済調査会の販売サイトから注文をお願いいたします。販売サイトはこちらから→

◆図書についての問合せ

発行時期等一般的な問合せはこちらから→
図書の掲載内容や技術的な問合せはこちらから→

バナースペース

官公庁の方でFAX・メールで購入を希望される方は、こちらから→


電子データダウンロード方法



※書籍販売及びデータ提供に関する利用許諾について

販売等することを目的として利用する場合には、許諾申請が必要です。
『推進工法設計積算要領』
 利用許諾会社 【凡例】
 ・株式会社○○システム開発
 ・▲▼企画株式会社
 ・株式会社□□

『2020年版 推進工法用機械器具損料率参考資料』
 利用許諾会社 【凡例】
 ・▲▼企画株式会社
 ・株式会社□□
 ・株式会社〇〇システム
 ・日本××株式会社
        2020.9.1 現在