本文へスキップ

官公庁 ※インターネットでの注文が可能な場合は、”一般での購入”からお求めください

  

◆申込方法 (FAXまたはメールでも注文を承ります)

FAXまたはメールに以下の内容を記載の上、送付ねがいます。
  図書名・冊数、および購入に必要な書類(見積書・納品書・請求書)の宛名・日付等
     FAX:03-5639-9215
     Mail:info@suisinkyo.or.jp

  ※様式等の指定はございません。

◆代金の支払い

・送本の際に、請求書、納品書を同封してお送りしますので、商品到着後1か月以内に、指定の口座にお振込み下さい。
    

◆送付先・送料

・送付先は、官公庁のあて先に限らせていただきます。
・申し込みおよび送付先は、日本国内に限らせていただきます。
・送料は以下の通りです。
   メール便(一冊のみ対象):無料
   宅急便(ヤマト運輸)  :一冊の場合 沖縄県 2,340円、 沖縄県以外 1,220円
                二冊以上  無料

◆刊行物一覧

2013年度 推進工法用設計積算要領
 「泥水式推進工法編」
 2013年改訂版
                          (2013年5月発刊)
6,285円 ※税込み
機械損料数量および労務単価の算出など一部国との整合性や工法体系の改訂に伴う変更点を反映。適用土質で無水層に対する留意点を追加。直線推進における許容耐荷力算出に用いる許容圧縮応力度に対する考え方を明確化。
2006年度 推進工法用設計積算要領
   「土圧式推進工法編」
 2013年改訂版
                          (2013年5月発刊)
6,285円 ※税込み
機械損料数量および労務単価の算出など一部国との整合性や工法体系の改訂に伴う変更点を反映。直線推進における許容耐荷力算出に用いる許容圧縮応力度に対する考え方を明確化。
2013年度 推進工法用設計積算要領
   「泥濃式推進工法編」
 2013年改訂版
                          (2013年5月発刊)
6,285円 ※税込み
機械損料数量および労務単価の算出など一部国との整合性や工法体系の改訂に伴う変更点を反映。特に適用土質で無水層に対する留意点を追加。高濃度泥水の配合例について留意点を追加。2013年度の国の日進量との整合性を図る。

2016年度 推進工法設計積算要領
   「超大口径管推進工法編(土圧式推進工法)
 2016年版
                          (2016年4月発刊)
8,250円 ※税込み
近年、呼び径3000を超える大きな口径について、二分割して施工現地に運搬搬入し、一体に組立てを行い、立坑に投入し地中に圧入する工法が開発され、施工実績も増えてきました。これらに対応する設計積算要領(土圧式推進工法編)を今回発刊しました。

推進工法用設計積算要領
   「小口径管推進工法 高耐荷力管推進工法編」
 2018年改訂版
11,000円 ※税込み
呼び径700以下の小口径用管に用いられ、管の種類、掘削、排土方法等に区分した工法での設計積算要領を紹介。高耐荷力管推進工法は先導体に作用する地山掘削時の先端抵抗力や周面対抗力及び、先導体の後続に接続する推進工法用管全体に作用する周面抵抗力に対抗する推進力を推進工法用管に負担させ掘進を行う工法。  
推進工法用設計積算要領
   「小口径管推進工法 低耐荷力管推進工法編」
 2018年改訂版
11,000円 ※税込み
呼び径700以下の小口径用硬質塩化ビニル管に用いられる。低耐荷力管推進工法は、先導体に作用する地山掘削時の先端抵抗力は、発進立坑から接続した推進力伝達ロッドによる負担し、推進工法用管には、周面抵抗力のみを負担させ掘進を行う工法。
推進工法用設計積算要領
   「鋼製管推進工法 鋼製さや管推進工法編」
 2018年改訂版
11,000円 ※税込み
小口径管推進工法から分離し、実態に即した鋼管径を適用範囲とするとともに、設計積算要領を見直し改訂しています。
T 多様化する推進工事のニーズに合わせた設計積算体系へ改訂しました。
U 施工実績表(CD−ROM)を新たに掲載することで、より丁寧かつ具体的な施工条件を検索することが可能となりました。
V 車上式プラントによる補正、不稼働係数を用いた工期算定、一時中止時の費用負担などをあらたに掲載しました。

推進工法用設計積算要領
   「推進工法用立坑編」
 2011年改訂版  (絶  版)
2020年 改訂版発刊予定
ケーシング(小型)立坑鋼製ケーシング方式回転圧入式の適用土質として硬質土を追加しました。鋼製ケーシング呼び径2000の標準板厚を12mmとしました。下水道協会「下水道推進工法の指針と解説−2010年版−」の立坑寸法と整合性を図り改訂しました。

推進工法用設計積算要領
   「鋼製管推進工法 取付管推進工法編」
 2013年改訂版
                         (2013年5月発刊)
6,285円 ※税込み
同一呼び径の鋼製さや管推進工法と日進量の整合性を図るとともに、2013年度の国の取付管ボーリング式一重ケーシング方式との整合性を図る。
推進工法用設計積算要領
   「改築推進工法編」
 2013年改訂版
2020年 改訂版発刊予定             (2013年4月発刊)
6,285円 ※税込み
 工法の分類を見直すとともに、過去4年間の実績をもとに大幅改訂。切削破砕推進工法管内充填式に新たに泥水および吸引排土式追加。バイパス流下方式も新たな方式を追加。

推進工法体系T  推進工法技術編  (2019年版) 
11,000円 ※税込み

推進工法体系U  計画設計・施工管理・基礎知識編  (2019年版)
11,000円 ※税込み

推進工法体系V  関連法令・計算事例編  (2019年版)
11,000円 ※税込み
「推進工法体系」の内容は、推進工法に係わる全ての範囲を確実に網羅しておりますので、推進工法に関する知識、情報の収集、整理に有効であることはもとより、今日、社会的な認識と評価が高まりつつある「推進工事技士」の資格習得のための準備にも最適です。

 
目次
総合評価方式マニュアル
3,143円 ※税込み
推進工事に対する総合評価において、正しく評価し、正しく評価されるために、対象とすべき技術評価項目と評価のポイントを詳細に解説しています。総合評価方式の実施例とモデル工事に対する技術提案書作成事例の紹介および技術提案書作成上の留意点を掲載しています。
    施工条件明示マニュアル
2,619円 ※税込み
推進工事における当初設計内容の確認や施工条件の変更に起因する設計変更を行う際の資料としてご活用いただけます。今回の改訂では、記載範囲を「推進工事施工条件明示記載例」にとどめ、記載事例および解説について一層の充実を図っています。
 
目次
  設計変更対応マニュアル
3,143円 ※税込み
推進工事において、適正かつ円滑な設計変更の実施が的確に執行されるように解説しています。設計変更の実施例に対して、発注者、設計者ならびに受注者に対する要点を詳細に説明し、対応について掲載しています。
 
  推進工事の安全手引き
2,619円 ※税込み
この「推進工事の安全手引き」は、現場技術者および専門工事業者が推進工事の現場管理業務に活用できるよう、現場の安全管理業務、各工法の最新施工フローにともなう作業標準書、各種の点検表等、また、建設業法における施工体制台帳記入例等を「CD」化し、実務に役立つようにしています。

 
推進工法用技術用語集
2,619円 ※税込み
推進工法に携わる実務者により使い易い用語集を基本とし、推進工法の専門用語を網羅することはもとより、下水道分野の用語を充実させること、また、用語のそれぞれに英語を対比し、用語解説は推進工法の研究・技術開発、行政、設計、積算などの業務に利便とするために、全て整えています。

◆図書についての問合せ

発行時期等一般的な問合せはこちらから→
図書の掲載内容や技術的な問合せはこちらから→

バナースペース